ビートルズトリビュートバンド       「THE BEATBROTHERS」でジョージパートを担当してます。最近聴いてて「あれっ?」と思ったことや感じたことを徒然に。http://page.freett.com/mash55/


by mash-beatbrothers
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

これは名器!VOX AC-30TB


今のバンドに入って最初は練習場にあるYAMAHAのギターアンプや何やらで弾いていましたがヤフオク等にはまりだしてマーシャルの100ワットのヘッド&キャビネットを買って練習場で使ったりもしましたが、やはり彼らの音とは違う感じです。そんな折りメンバーのMORRY(ジョンパート)が思い切って新品でAC-30を買って来ました。正直、真空管アンプなんてあまり使ったこともなかったので先ずは音圧にビックリしましたね。30ワットといってもトランジスタのそれとは全く音圧、音量とも比べものになりません。十分にライブハウス等で活躍できるスペックです。リッケンバッカーを繋いで弾くとやはりあの雰囲気が出てくるのは不思議です。ということで僕も欲しいと思い、でも高くて手が出ないのでヤフオクで中古を探し画像の80年代に復刻版として出されたリバーブ付きのAC-30をGETしました。全面のクロスの色が本当は茶色のが欲しかったですが贅沢は言えません。音等は殆ど変わりませんしリバーブがついているのはとても使い勝手がイイです。ある記事で当時のジョージのセッティングの話があり、彼は中域をぐっとあげた感じ(どちらかと言うとこもり気味)で使っていたということが書かれてあったので真似てみますがレコードの音には全く近づきません。ライブではそういうミドルを中心にした音だったのかも知れませんがレコードはコンプレッサーがバリバリかかった感じの高音重視のセッティングですよね。「抱きしめたい」とかは典型だと思います。逆にジョンの方が低音を重視した感じの音が多いです。同じ機材をそろえても彼らのあの音を再現するのはとても難しい事です。僕もリッケンバッカーの12弦を使いACー30に突っ込んで「YOU CAN'T DO THAT」のイントロを弾いたりしましたが近いですが違います。逆に今使っているモデリングギターの方が凄く似ています。そんなこんなで本当に難しい事だらけですが一歩一歩近づけたらなぁと練習に励んでいます。しかしAC-30はいいアンプです。
by mash-beatbrothers | 2005-11-21 11:58 | 楽器・エフェクターについて